一般的損害保険(火災保険・自動車保険)などから天候デリバティブ・原油デリバティブまでを管理人が日々思うことを綴りながら解説します。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment (-) | trackback (-)
記事編集
昔の映画。世界的ダイバー、ジャック・マイヨールよ永遠に・・・ 
2008.04.01 Tue 21:42
Le Grand Blue


1988年の夏に公開されたインターナショナル英語版「グレート・ブルー」の50分近く長いフランス語完全オリジナル版。実在のダイバー、ジャック・マイヨールをモデルに、道具を使わずに潜水記録を競うフリー・ダイビングに命を懸ける二人の男の友情と、彼らの間で心揺れる女性との恋を描いたドラマ。「最後の戦い」「サブウェイ」のリュック・ヴェッソン監督が贈る青く美しい海への賛歌。

素潜りのプロ、ジャックとエンゾ。2人は互いをライバル視しながらも、友情を育んでいた。素潜りの国際選手権で競い合うことになった2人だが、ジャックの忠告を無視したエンゾは帰らぬ人となってしまう。その夜、幻覚を見るジャック。妊娠している恋人のジョアンナを一人置いて、彼は深海へと消えていった…。

この映画の中で、『陸にいるより、海の中の方がいい』って台詞があるが、そう思えるくらい、ブルーに包まれる映画。リュック・ベッソンならではの淡い、地中海ブルーが印象的で、舞台となる地中海沿岸の海は、サッカー・イタリア代表の代名詞となっているまさにアッズーリ(意味は、海)。中には、コミカルな日本人も出てくるが、そこはええわ~。

とにかく、イルカが好きになる映画で、出てくる男たちの生き方に賞賛を贈る。
スポンサーサイト

テーマ:お気に入り映画 - ジャンル:映画

category:好きになる映画
comment(0)| trackback (-)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。