一般的損害保険(火災保険・自動車保険)などから天候デリバティブ・原油デリバティブまでを管理人が日々思うことを綴りながら解説します。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment (-) | trackback (-)
記事編集
空からのメッセージ。。 
2007.02.02 Fri 22:39
ラ・インペローサの香りと共に~ 『・・・・仕事の選択や方向性、全体への貢献度も重要な要素となる。一定収入を確保させながら戦士たちに巨大な何かを追わせるのは至難の業だが、君ならデキると信じる。 また、時間がかかったために崇高なビジョンが水泡と化した歴史も、私は幾度となく見てきた。プロの戦いとは、実力や持ち駒の、掛け算や足し算で行うものではない。約束された勝利とビジョンに向けて、割り算と引き算で確実に遂行してゆくものだ。そんな中でも、各業種別に、違法性や判例、議会やプレスのムードを知り尽くし、二重三重の防護も行ってくれ。 今後も、外部のワンダーランドからみれば「異常」で「法外」な期待と要求を、君に突き付け続ける! 君という騎士に一方的に期待し、信頼する私を許したまえ。その時点で、君はすでに使命を帯びた栄光の騎士。そのナイトの誇りで、余すことなく世界を照らせ。もし、その強い光に耐えられぬ世界なら、迷うことなく、焼き尽くしてしまえ!  しばらく急激に忙しくなる。恐らくこれが、今年最後の私のコトバとなるだろう。君が認定したナイト諸君には、このコトバを転送し、それをもって今年、私が吹きかける最後の息吹とする。無力で愚かな王を許せ。 いつの時代も、愚鈍な王を、歴史に名を残す英雄的な騎士たちが助け、歴史は動かされてきたのだ。  ペルセピオン誌のインタビューでシチリアのJは語った。「誰もが知る私の前職は、多くの人に過酷な仕事だと考えられているだろう。だが私は、こっち側に来た瞬間に叫んだものだよ。おれはなんという世界にきてしまったのだ!と。スリルと冒険とプライドと快楽にあふれたこの世界のことは、来たことのない連中には説明不能だよ。ま、こっちには、説明しようとする気も、さらさら無いが……。まったく、そういう気はないな」。。。。』
スポンサーサイト
category:エピソード(酒とシガ-)
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dinosaurs.blog96.fc2.com/tb.php/16-8b566cd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。