FC2ブログ
一般的損害保険(火災保険・自動車保険)などから天候デリバティブ・原油デリバティブまでを管理人が日々思うことを綴りながら解説します。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment (-) | trackback (-)
記事編集
医療、介護、生命保険やってるひと注目だね。巨額ファンド級の値動き要因に新たな動き 
2007.12.06 Thu 17:44
資産運用:保険会社への規制、金融庁が撤廃検討
 金融庁は4日、保険会社の資産運用について、「国内株式での運用は総資産の30%まで」などと定めている運用比率規制を撤廃する方向で検討に入った。資産運用の自由度を上げることで運用利回りなどが良くなれば、保険料引き下げなど契約者にもメリットが期待できると判断した。保険会社は自由度が高まる半面、より高度なリスク管理が必要となる。金融審議会(首相の諮問機関)などで詳細を詰め、早ければ08年に保険業法などの改正を行う。

 保険会社に対しては、契約者保護の観点から財務の健全性を確保するため、リスクの高い資産運用を制限する一律規制が設けられている。国内株式と外貨建て資産の保有は総資産の30%まで、不動産は20%までと定められている。

 しかし、一律の規制では機動的な資産運用ができず、収益機会を失いかねない。また、保険会社のリスク管理能力も強化されないという弊害も指摘されている。さらに、国内の有力機関投資家である保険会社の国内株式投資が制限されていることが「国内市場の活性化を阻害している」との見方も強く、政府・与党内で規制撤廃を求める声が上がっている。

 ただ、リスク管理能力は保険会社によってばらつきがあるのが実態。このため、金融庁による保険会社の財務監視を強化しながら規制を段階的に廃止する案や、財務が健全でリスク管理能力の高い保険会社に限って規制を廃止する案が出ている。

以上 保険利率高める挑戦。それとも破滅へのカウントダウンか。。。恐竜の群れの中へ、何を投げ込むのか。。。戦い、勝つための爆弾か、単なる餌になるのか。。。どう思う?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

category:生保・損保
comment(0)| trackback (-)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。