一般的損害保険(火災保険・自動車保険)などから天候デリバティブ・原油デリバティブまでを管理人が日々思うことを綴りながら解説します。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment (-) | trackback (-)
記事編集
米国の馬鹿げた訴訟ファイル_自殺未遂で自動車メーカーを提訴? 
2007.12.18 Tue 12:04
rain maker


先日、レインメーカーという古い映画を見ました。マット・デイモン主演の訴訟ものの映画です。悪徳巣食う法廷に挑む若き弁護士の苦闘を描いた法廷ドラマ。ベストセラー作家ジョン・グリシャムの原作『原告側弁護人』(新潮社刊)を、「ジャック」のフランシス・フォード・コッポラの監督・脚本・製作総指揮で映画化したものです。キャストも多彩な顔ぶれでなかなか面白く、保険金を払わない保険会社と戦うケースは特に良かったです。
ストーリーは、http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31052/story.html

さて、そんなアメリカで面白い?事件があった。1984年原告Daniellは、意気消沈し、自車のFord LTDのトランクの内部に自ら閉じ籠り、自殺しようとしたが、トランクの内部に閉じこもった瞬間に自殺を思いとどまった。しかし、救出されるまで9日間トランク内部に閉じ込められる結果となり、原告は、Ford社を被告として、トランク内部から開けられない設計上の欠陥とトランク内部から解錠できない旨の警告の不備を理由にFord社に過失ありとして訴訟を起こした。。。。結果的には、被告が略式判決の申し立てをし、裁判所は被告の申し立てを認める判決を下して終わっている。。。あほあほなケースであるが、これがアメリカの現状でもある。

ただ、この後から自動車メーカーが、Internal trunk locking mechanismなどの設計変更をするようになった副次効果が表れているのは確かですけどね。。。It's Funny!

皆様は、どう思いますか?
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

category:好きになる映画
comment(0)| trackback (-)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。