FC2ブログ
一般的損害保険(火災保険・自動車保険)などから天候デリバティブ・原油デリバティブまでを管理人が日々思うことを綴りながら解説します。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment (-) | trackback (-)
記事編集
エピソード1 
2006.10.27 Fri 22:27
10月のある夜、雑踏の中彼らは現れた。重さ9tはあろうかと思われる漆黒のリムジンから、銀座4丁目にある銀座コアに入っていった。ダークスーツに身を包んだ者達、外見は若く30歳前後、だが纏う影は鋭利なナイフの様であり、且つ深い闇の様。。7階。。エレベーターホールに出ると木目調のインテリア。両サイドにワインセラーが並ぶ重厚な廊下を抜け、テーブルに通された。この店は、トスカーナ地方の料理を出すリストランテ。本店はイタリア・フィレンツェ(1973年)にある名門である。彼らの友人であり、騎士であるJ・ジェンティーレ氏がフィレンツェ本店を愛していることから、利用しているらしい。この店の不思議なところは、接客(特にソムリエ)態度が最悪、しかもシガーが吸えない。。彼らの中で最も崇高な闇を放つM氏は『この店は、不思議にシガーが吸えねんだ』と笑い飛ばすが、周りの影達は無表情にも不快の色が滲み出てくるのが分かる。会食の時間は進み、メインディッシュにさしかかろうとした時、料理長である辻氏が挨拶に来た。対話の中でM氏がジェンティーレ氏の名を出したとたん、料理長の顔が蒼ざめ、額に汗が滲み、かすかに震えているのが分かった。ジェンティーレ氏は、イタリアンマフィアの中でコンシニアリーでもある実力者でもあり、フィレンツェ本店でも最上客に位置するひとであった。その後の対応に変化があったのは言うまでもない。。。
スポンサーサイト
category:エピソード(酒とシガ-)
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dinosaurs.blog96.fc2.com/tb.php/7-edc99a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。